Allie's Update - What's New in Allie?

新着情報

2015年12月17日

2015年10月 Allie新着略語

2015年10月のAllieデータベース更新における新着略語をお届します.


10月の更新では以下の 79 の新着略語(出現頻度2以上)が見つかりました.

  1. SE: Scientific Exhibits 40件
  2. A-A-A: Acetyl aspartic acid 7件
  3. CC: Categorical Courses 6件
  4. GL: Guest Lecture 6件
  5. HL: Honorary Lectures 6件
  6. RC: Refresher Courses 6件
  7. SA: State-of-the-Art Symposia 6件
  8. SF: Special Focus Sessions 6件
  9. SS: Scientific Sessions 6件
  10. ACEAS: Australian Centre for Ecological Analysis and Synthesis 4件
  11. AP: proportion attributable to interaction 4件
  12. DSP: direct social perception 4件
  13. FMAHealth: Family Medicine for America’s Health 4件
  14. SYNS: Southampton-York Natural Scenes 4件
  15. AMS: Alpert Medical School of Brown University 3件
  16. PC-PM: Primary Care-Population Medicine 3件
  17. PE: protein evidence 3件
  18. PREQIs: Perceived Residential Environment Quality Indicators 3件
  19. SSM/V: student service members/veterans 3件
  20. ABMCs: adherent bone marrow cells 2件
  21. AESMMI: Adult Epilepsy Self-Management Measurement Instrument 2件
  22. Aix75: augmentation index adjusted to heart rate 75 2件
  23. alpha,alpha-P: alpha,alpha,beta-TNB, 3,5-di(naphthalen-1-yl)-1-phenylbenzene 2件
  24. APEs: Agentes Polivalentes Elementares 2件
  25. AWiFS: Advanced Wide Field Sensor 2件
  26. BACy: N,N’-bis(acryloyl) cystamine 2件
  27. BD: barrier dysfunction 2件
  28. BIDS: Bronchiolitis of Infancy Discharge Study 2件
  29. BoDV-1: Borna disease virus 1 2件
  30. CD-Quest: Cognitive Distortions Questionnaire 2件
  31. CR: collaborative representation 2件
  32. DPM: deformable part-based models 2件
  33. DWLD: dynamic wait-list design 2件
  34. EA-2: East Africa-2 2件
  35. EBLNs: Endogenous bornavirus-like nucleoprotein elements 2件
  36. ECCs: electrically conductive composites 2件
  37. EFMT: emotion face matching task 2件
  38. ENDO: endometritis 2件
  39. FTS/STS: Fast tool servo/ slow tool servo 2件
  40. FVA: face viewpoint aftereffect 2件
  41. GF: gas flow 2件
  42. GILD: gastrointestinal and liver diseases 2件
  43. GIMs: genetically influenced metabotypes 2件
  44. gradCPT: gradual-onset continuous performance test 2件
  45. HCS: Healthy Communities Study 2件
  46. HMA: Hindu Marriage Act 2件
  47. HV: hypervolume 2件
  48. ISP: Integrated System of Phytodepuration 2件
  49. knn: k nearest neighbor 2件
  50. L-EFT: Leuven Embedded Figures Test 2件
  51. LA-NPC: locoregionally advanced nasopharyngeal carcinoma 2件
  52. LGA: lateralized-gamma activity 2件
  53. LM-LAD: left main-left anterior descending 2件
  54. LPM: Ligand Polyhedral Model 2件
  55. MCR: medication coverage ratio 2件
  56. MNP: microneedle patch 2件
  57. MPs: missing proteins 2件
  58. MSM: multistage modelling 2件
  59. NHPRN: Nordic Health Promotion Research Network 2件
  60. NMRI: near-miss risk index 2件
  61. NPV: nipa palm vinegar 2件
  62. NVO: native vertebral osteomyelitis 2件
  63. NVVLS: National Vietnam Veterans Longitudinal Study 2件
  64. PAR: postanesthetic recuperation 2件
  65. PELC: palliative and end-of-life care 2件
  66. PRN: praxis representation network 2件
  67. PTC: pharmacophore, toxicophore and chemophore 2件
  68. PULSE: personal understanding of life and social experiences 2件
  69. RPDD: regression point displacement design 2件
  70. RR: response rates (ORR) 2件
  71. SIRT1: sirtuin‑1 2件
  72. SPRINT: sprint training program 2件
  73. SPV: sylvatic plague vaccine 2件
  74. SR: succinate+rotenone 2件
  75. SVIA: Scala di Valutazione dell’Interazione Alimentare 2件
  76. t-ZrO2: tetragonal ZrO2 2件
  77. TA: poly-T stretch and a microsatellite-like 2件
  78. UWOC: underwater wireless optical communication 2件
  79. WST: water-sediment test 2件

 

 今回は49番目のknnについて紹介します.これは,k nearest neighborの略で,k近傍法について記載のある論文が掲載されたことによる,新しい略語です.
 k近傍法自体は古くから様々な研究で利用されているので,なぜ今頃,新しい略語として出てきたのか,と疑問に思われる方もいると思います.そこで,展開形である”k nearest neighbor”をクエリとして,その略語をAllieで検索してみます.

その結果,今回の略語/展開形ペアを含む以下の3つのペアを得ることができます.

略語 展開形 文献での出現頻度
KNN K-nearest neighbor 235
k-NN k-nearest neighbor 225
knn k nearest neighbor 2


この結果から,knnは略語の新たな表記として登場したものであり,k近傍法の略語としては,すでにKNNやk-NNが様々な論文で使用されていることがわかります.もし略語をknnとした著者が,あらかじめk近傍法の略語をAllieで検索していれば,略語の表記をKNNもしくはk-NNにしていたかもしれません.
 上記で3つのペアを紹介しましたが,それらペアは,似たペアをクラスタリングでまとめた際の代表表現です.例えば,KNN/K-nearest neighborペアを紹介するAllieのページは以下ですが,このページの画面右側にある「ペア(略語/展開形)バリエーション」という折り畳みタグを開く(プラスイメージをクリックする)と,このクラスタにまとめられたペアの一覧を見ることができます.このクラスタに含まれている略語は,先頭文字が全て大文字です.

そして,以下のk-NN/k-nearest neighborペアのクラスタに含まれている略語は,先頭文字が全て小文字です.つまり,これら2つのクラスタを分ける特徴の1つとして,略語の先頭文字が大文字か小文字かという違いがあります.

一方,以下のknn/k nearest neighborペアのクラスタには,”knn”と”k -NN”の2種類の略語が存在します.

“k -NN”のペアはk-NN/k-nearest neighborペアのクラスタに含まれてもいいと思うのですが,kと-NNの間に余分なスペースが含まれてしまっているため,knn/k nearest neighborペアのクラスタに含まれているようです.”knn”は,全てが小文字でハイフンを含まないという特徴があります.
 このように,新たな文献に登場する略語は,既存のクラスタに振り分けられる場合もありますし,新しいクラスタになる場合もあります.これらペアのAllieによるクラスタリング方法については,以下の論文に詳しい記載がありますので,興味のある方はご覧いただければと思います.

 

Leave a comment

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

You can use these XHTML tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>